FC2ブログ
10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

金澤20世紀書房 今日も1日いい日やった

金沢にある、小さな古本屋のおやじの日記です。ちょこっと喫茶もかじってます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

安野光雅 「蚤の市」 のご紹介 


 
安野光雅(あんの みつまさ)さんをご紹介致します。
1926年3月20日生まれで、今年86歳となられ、絵本作家として有名な方です。
原色や派手な色をほとんど使わない淡い色調の水彩画で、細部まで書き込まれながらも、
落ち着いた雰囲気の絵を描かれます。
主な著書に「ふしぎなえ」「天動説の絵本」「きつねがひろったグリム童話」「はじめてであう すうがくの絵本」、世界の他の8人との共著「まるいちきゅうの まるいちにち」などがあります。

今年2012年10月に文化功労者に選ばれました。

今回のおすすめ本は、安野光雅さんの「蚤の市」という絵本です。
フランス映画「リラの門」という名作の一場面がモデルだそうです。
犬を連れて車を引く夫婦がいますが、主人公という訳ではありません。
蚤の市ではいろいろな人が、いろいろな物を売っている様子が描かれています。
この夫婦が、どこでお店を開いているか探すのも楽しいです。
また、7時25分に帰っていきますが、蚤の市で何か売れたのでしょうか、そんな事も探してしまいます。 

1983年初版発行

詳しくは、当店HPまで ↓

金澤20世紀書房
スポンサーサイト

category: オススメ本

cm 0   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。